介護職員初任者研修≪すぐに取得できるオススメ資格≫

どのスクールがいいのか?初心者向けでおすすめの通信講座はどれなのか?ユーキャンやニチイはどう?比較してみてください。

私の通信講座口コミ談!

≪ソラストの介護職員初任者研修の受けてきました!≫

色々と介護職員初任者研修の講座もありますが
ソラストが一番安く就業サポートもついていたので通信講座を申込みをしました。


まず資格取得までのステップですが通信の場合は以下の4段階

  • @自宅でテキストを見て学習
  • Aスクーリング
  • B修了試験
  • C資格取得

 

では一つずつお話させていただきますが
申込みをすると自宅にテキスト等が届きます。

どんな事を学ぶかといいますと
介護の職務や介護サービスの基本なや基本知識。
介護現場でのコミュニケーション理解、あとスクーリングの内容です。

 

スクーリングという言葉は始めて聞いたのですが
自宅でテキスト学習した後
実際に教室に行ってベッドメイキングとか車イスへの移動とかを実技でやらないといけません。

 

これはソラストだけではなく、資格取得までに絶対に修了させておかないといけないので
どの資格学校を受けても同じですので。

 

話を戻しますが、実際に実技を受けるまでに
まずはテキストでスクーリングを理解しましょうといった感じです。

ソラストのテキストは図解入りで、文字ばかりが苦手な私でもスイスイ頭に入る感じ。
覚えることたくさんありそうな感じでしたが、実際に試験に出たの狭い範囲でしたし
あとで講師の方に聞いても、実際に現場ではあまり必要としないことが多いので
試験対策は最低限しておけばいいって言ってました。

 

スリーリングの内容

スクーリングの内容ですが
申込み前になかなかネットで調べても詳しい内容が出てこなくて苦労しましたが
実際に行ってみて思ったより楽しくやれました。

スクーリングの詳しい内容は、それぞれの学校で異なるかもしれませんが
ソラストの場合は2人1組になり、ベッドメイキングや車イスへの移動とか
介護役と利用者役に分かれて実践していきます。

 

だからそれぞれがそれぞれ練習とかやるので
みんなの前でやったり恥ずかしい思うをすることなかったので安心しましたし
お互いが素人だから、笑いながらやれました。

 

ただディスカッションというのがあり、ここでは色々と意見を言う必要がありますが
短時間で終わるので、さほど気にする必要はないかと思います。

 

あと修了試験ですが、これは特に難しくなかったです。
どういう問題があるかと言うと。
例えば自立支援に関する問題、介護事故の対応に関する問題…。

 

テキストを読んでれば分かる内容でしたし、特に落とそうという試験でもないので
合格率はかなり高いようです。

 

また万が一不合格になっても、ソラストの場合は
受講期間内であれば、何度でも再試験を受けることが可能で
再試験の際は、再試験のための補講も合わせて受講できます。

 

あとやはり私が一番ここで受けようと思ったのは就業サポートがあるから。
これは修了試験が終わって総合求人求職サイトというソラストのサイトに登録すると
専用のIDとパスワードが付与され
実際の求人が見れたり、就業相談も実際に会ったりメールでしてくれるのでここは結構重要かなと思います。

 

もちろんすぐに仕事をするつもりない方でも、先々で使えるので大きな味方なような気がしています。
やっぱりこれができるのは全国的に介護事業を展開してるソラストならではないかと思います。bestケンコー

 

あと受講料ですが最大36回まで分割払い可ですので。

 

もっと詳しい内容を知りたい、他の講座の内容も知ってみたいという方は
下記から資料請求されればいいと思います。安全なカラコン

 

もちろん無料ですし、簡単に終わりますし
私も実際に請求しましたが、勧誘の電話もかかってこなかったので安心だと思います。


福祉用具専門相談員ってどう?

福祉用具専門相談員の年収はとても気になるところですが
この資格を持っている人は他の資格も持っていてそちらの方をメインに働いているか
あるいは他の資格は持っていなくても他の業務も行いながら働いているケースがほとんどです。

 

相談員としての肩書きだけで給料を得ている人はいないのではないでしょうか。

 

資格とは言っても国家資格ではないですし
就職を含め働く場所を探す時には持っていてとても有利になる資格ではありますが
やはりこれだけで収入を得るのは今現在の介護や福祉の業界では現実的ではありません。

 

この資格を持っており、他の資格、例えば社会・介護福祉士、理学療法士
看護師などの資格を持っておらず、もしくは持っていてもそれとして働いていない場合で
どこかのメーカーや福祉用具貸与事業所に務めている人であれば
年収は300万円前後が相場となるのではないでしょうか。決して高給というわけではないかもしれません。

それでも福祉用具専門相談員の資格を持っていない人と比べると手当が付く会社もありますから
給与面では多少のプラスになるでしょう。

介護や福祉の業界で働こうと思っている人にとってはお金が全てではないとは思いますが
しかしお金がなければ生きていけないのは確か。
今後はもっとこの資格の重要性が認識され、それがお給料の面に反映されることを期待したいものです。

働きながらの資格取得

働きながら専門学校に通ったり、通信講座で介護職員初任者研修を受講しているという人が増えているようです。
時間を無駄にすることなく、自分がやりたい仕事の資格や技術を取得・習得することを
目指す意識の高い人が多いのはとても良いことですよね。

 

多くの人は昼間働きながら、夜に学校で通うという形になるでしょう。
この場合に注意したいのは、どんな仕事を選ぶのかということ。
例えば正社員だったり残業がよくあるような仕事だと
学校に通うのに支障が出てきてしまいますよね。これでは両立できません。
なのでどうしてもアルバイトやパートといった形態になってくるようです。

 

その中でも選びたいのは、自分が将来やりたい仕事に関係しているバイトなど。
これほど効率の良い、そして有意義な学び方はありません。
もしその仕事に資格無しでも従事できるのであれば、是非そういった方向で検討するようにしてください。

 

学校によってはその専門業種のお店などの現場と提携し、学校に通っている生徒を紹介して
1日の内で働く時間と学校で授業を受ける時間を調整しながら両立させてくれるようなところもあります。
有り難いですね。知識だけではなく同時に手に職を付けることができるわけですから。
働きながら専門学校に通う人はあらゆる角度から物事を考え
自分を最も成長させてくれるような選択肢を選ぶようにしましょう。

ビジネス実務法務検定とは、法務はもちろん、営業や販売、人事など
さまざまな職種で要求される法律の基礎知識を問う試験のことです。

 

社会人としてのスキルを身につけたい方やキャリアアップを目指している方
企業のリスク回避を検討している方に絶対おすすめ。
超高齢化社会を迎える日本において、需要が高まること間違いなしの資格ですよ。

 

たとえば、取引先と重要な書類をやりとりする際
自分の会社に不利益な内容や不備がないか判断できるため
大きなトラブルを未然に回避することができます。

 

また、管理職として勤務している方は、部下のリスクを管理するときに役立ちます。

 

もちろん人事異動によって業務内容が変わっても
応用の効く重要なスキルなので、どこへ行っても活躍することができるはずです。
ビジネスシーンで欠かせない法律の基礎知識は
採用にも影響するといわれています。これから就職や転職を考えている方は、取得しておくと大きな武器となるでしょう。

 

ではビジネス実務法務検定は、どのくらいの難易度なのでしょうか。

 

実はあらゆる職種で使用できる3級合格率は、75%前後と非常に高め。
公式テキストを使用して勉強しておけば、合格できるはずですよ。
公務員試験を目指している方は、基礎固めとして活用してみえはいかがですか?

介護職人口を増やせと介護職員初任者研修のような
簡単に資格を取らせ過ぎた結果が人員不足を招いたんだと思います。
基本的に、キレイな仕事ではないですし、力仕事でもあり給料も安い。
強い気持ちと高いスキルがなければ出来ない仕事だと思います。
それと、人を相手に働くわけですから(ある意味、介護も接客業だと思います。)
コミュニケーション能力や社会性が重要であると感じます。

 

しかしながら、偏見的な言い方になるかもしれませんが
そういったコミュニケーション能力、社会性の部分でのスキルが低く他の会社で
長く勤まらなかった方が、簡単に資格を取って介護職に就いているケースが非常に多いのではないかと感じます。

介護職人口

本来であれば、ある程度の介護職人口の中から
求人で人を選ぶことができるところが、人が足らないので
来た人に働いてもらうしか仕方がない状況です。まさに負の連鎖です。

 

給料、待遇の改善をという声がずっとありますが、人の質の問題を向上させる前に給料だけ上げてしまっては
ますます仕事として介護に向いていない人が入ってきてしまうことでしょう。
まず、教育の段階・資格取得の段階で、いかにキツイ仕事なのか
人と向き合う仕事をするだけの社会性を持っているかどうか
簡単に言えば、向いているのか向いていないのかを精査する必要があると思います。
ある程度のスキルの見込みがある方にだけ資格をあげるべきだったのではないでしょうか。

 

また介護される人は高齢の人が多く、家庭では言えないわがままや
お願いやいろいろな話をしてきます。

 

介護職員初任者研修を取得して介護職についた人はこの方達の身の回りのお世話だけでな
く話もきちんと聞いてあげないといけないので、かなりストレスが貯まると思います。
さらに、交代制の勤務のため体力も要ります。
そうした日々の積み重ねで、気力も体力も限界になり辞めていく人が多いので
人で不足に陥ってしまうのではないでしょうか。

どうして介護職員は不足しているのか?またなぜ一向に増える兆しが見えないのか?
アンケートを取ってみました。

 

まず作業が非常に大変で体力を必要とするから。
また、精神的にも辛いから。老人のゲロや排泄物を処理したり
入浴を手伝ってあげたり、尽くしてあげているのに一部の心ない老人からは
罵声を浴びせられたり…と大変なことが多い。
その割には他の職業に比べて特別給料が高いということもない。
その上、老人の相手だけではなく、同僚のイジメがあったりするから。
汚く、大変で薄給というイメージが非常にある。

やりがいを感じる事は素晴らしい事ですが、やはり介護に関する仕事の腰痛問題は避けては通れないと思います。
仕事中利用者さんの為にお世話をしてあげる事に集中しすぎて
自分の体の事が二の次になってしまいがち
そして気がついた時には体調(腰)を崩してしまうという悪循環にならないよう
介護する際の筋肉の使い方などに気を配る必要があるかと思います。

これから超高齢化社会の迎えるにあたり介護職の人手不足を解消する為に何が原因で不足しているのか?
アンケートを取りましたので掲載させていただきます。

  • 介護職というのは、気力的にも体力的にも知能的にも重労働である上に

    責任という意味でも非常に重い責任を負っている職業だと思います。
    ところが、それに見合うだけの報酬が得られないために
    介護の現場が人手不足になるのは必然的なことだと思います。
    また人手不足がより彼らの労働条件を悪化させて、よりキツい仕事になり、人が離れていき
    それによってさらに労働条件が悪化すると言った、負のスパイラルに陥っているのだと思います。
    早急に待遇面、労働条件の改善をする必要があると思います。

介護職についていない方に介護職の良い面や辛い面を聞いてみました。
ここでは良い面にスポットをあてご紹介致します。

  • 病気の症状や、身体能力で食べる事が出来る。食事内容を覚える事が出来、将来介護の仕事や病院の食堂勤務等が可能。

    将来的に自分が介護される場合の気持ちの持ち方を事前に知り準備出来る。
    服や家具など必要な物だけを用意する事が出来、準備の無駄が省ける。
    知人や友人等、介護に悩んでいる人の相談に乗る事が出来る。
    家族を介護する場合でも、気持ちに余裕が出来
    やってあげたい事を十分に出来、家族へのやってあげたいという気持ちに後悔は生まれないでしょう。

介護と一言で言っても分からないことが多いので残念する方もいるかもしれません。
ここではそんな知識についてです。

 

介護予防口腔機能向上への取り組みはまだなかなか浸透していないようです。
老化と言えば、あるいは介護が必要な状態と言えば
どうしても足が不自由だったり身体が思うように動かないという状態を想像してしまいがちです。
もちろんそれもあるのですが、実は口にも健康状態を悪化させる原因があることが
既にわかっているのです。生きるためには食べなければなりません。

 

しかし歯が悪くなったり噛む力が弱くなると食べる回数や量も減り
それが健康状態の悪化に拍車をかけると言われています。
介護予防口腔機能向上トレーニングはそのために非常に重要な役割を果たしていると言えるでしょう。

噛む訓練

このトレーニングでは食事をしっかりと噛む訓練
そして飲み込む訓練などが行われます。そうして食べる力を取り戻す
コツをしっかりと掴むことができれば効率の良い栄養摂取にも繋がり
それだけで身体を良い状態へと持っていくことが期待できます。
体力の低下も防ぐことができますし、免疫力も向上するでしょう。

 

唾液の分泌も多くなるので菌の繁殖を抑えることにも直結。
さらには口を動かすことで喋る力も身に付き、他者とのコミュニケーション能力も向上します。
このことで心が明るくなって元気になる、ということにも寄与するのが口腔機能トレーニングなのです。

介護福祉士の資格を取得したいけど「通学している時間がない」「空いた時間を使って
効率的に勉強したい」という方におすすめなのが、eラーニングです。
自宅にいながら24時間いつでも好きな時間に自主学習ができるので、働きながら資格取得を目指している方にぴったりです。

 

eラーニングツールは、実施しているスクールによって多少異なりますが
IDやパスワードを入力すると自分の学習進度に合わせて、テキストを捲るように学習できるのがポイント。
通信教育を受講している方はもちろん、通学を希望している方でも利用することができるので
もう一度見直したい講義や理解度が低かった分野を集中的に補修できますよ。

 

介護事務という仕事は、介護職の中でも知っている人が少ない仕事の一つです。
実は介護事務仕事は介護サービスする事業者の中でも大きな役割を果たしている仕事だといいます。

 

仕事を探している人に対して相談にのったりアドバイスをしたりする人を
キャリアコンサルタントと呼ぶことがありますが、これには幾つかの資格が存在しています。

訪問介護員養成研修課程は介護職員初任者研修に一元化

訪問介護員の養成と現任者のスキルアップについてですが
平成25年4月より、「訪問介護員養成研修(1級〜3級)」及び「介護職員基礎研修」は「介護職員初任者研修」に一元化されました。
厚生労働省は、介護人材の今後のキャリアパスについて
「初任者研修修了者⇒介護福祉士⇒認定介護福祉士 を基本とする」と公表しています。


過去と変更になった点ですが総研修時間の基準が、130時間(以上)に統一。
また講義、演習、実習で構成されていましたが講義、演習が中心(実習を取り入れることも可)となり
技術的な評価と知識的な評価(筆記試験)』が実施されることとなりました。


そして介護職に就いて特養など現場で働いていると、次に介護福祉士の道が開けてくるわけですが
介護福祉士になる為に歯は「実務経験3年以上」+「実務者研修」+「国家試験(筆記と実技」の合格でなることが可能です。

通学制・通信制で異なる学費料金

一概に介護職員初任者研修の講座を受けるにあたっての料金は簡単に申し上げることはできません。
大体の相場は6万5千円〜14万円です。この範囲内で通学制も通信制も募集しています。


また最近は一ヶ月で終わらせることもできるくらい期間が短くなっています。
そして卒業まで懇切丁寧に介護職についての知識や技能を身につけさせてくれる資格講座、資格学校もあれば
卒業からから就職まで介護の就職や転職などのバックアップしてくれる大手の学校もあります。
ただ卒業後に介護技術や勉強会を定期的に開催してくれる資格講座や学校は比較的料金設定が高くなっており
そういった勉強会などは別途料金が必要な場合がほとんどだと思ってください。


まだ介護職員初任者研修を受けたことがない方は、こんな短い期間で修了となり
実際にこんなので介護職に就いて責任ある仕事ができるのか?
グループホームや老人ホームなどで本当に勤まるのか疑問を抱かれる方も少なくありません。


そう思うのは当然で相手は当然人ですから失敗は許されず、緊張して退職したくなるかもしれません。
また介護現場で介護福祉士やケアマネに叱られることもあるかもしれません。

だからこそ講座が修了しても学習会や実技を再度受けられるところが必要になってきます。
最近はアフターフォロー体制のあるアカデミーや資格学校も増えてきているので
少しお調べになるだけでそういうった介護初任者の為の講義や講座を受けられるところが多数ヒットします。
やはり現場では常に応用的なことが行われるので、基本的なことを忘れてしまった時に再度受講できたり
育児やご家庭の事情などでブランクなどがあった際に、復職セミナーとして受講できる環境を提供されています。

介護の仕事の為の用語

アクセスフリー…エレベーターや点字、スロープ等、身体障害者が利用しやすく工夫された設計。
アセスメント(事前評価)…介護サービス利用者の身体機能を事前に把握、家族と相談し評価することで、ケアマネによるケアプランの課題分析。
アテンダント・ケア…動作の介助を介助者が行うこと。
アルツハイマー病…進行性の認知(痴呆)症。
移乗…ベッドから車椅子、車椅子から椅子、椅子から床などへ移る動作。
一次判定…介護サービス申請者に対し、訪問調査員による調査を元に要介護度を判定すること
医療ソーシャルワーカー…病院において、疾病などによって生じる患者や家族の問題を解決するために社会福祉サービス等の社会資源を活用して自立援助するワーカー。
医療福祉…保険・医療・福祉の連携による総合的な社会福祉サービスを指します。
介護給付…介護保険制度で要介護者が定められたサービスを利用した際に受けられる保険給付。
介護移住…自分に合った最適な介護サービスを提供している地域に転居すること。
介護一時金介護保険給付ではカバーし切れないサービスを提供するための、人員過配置に相当する費用負担分。

介護事務の給料や通信

どんなにやりがいのある仕事でも、十分な賃金を受け取れないでいると
心身ともにストレスが溜まってしまいがちですよね。
「介護関係の仕事は給料が安いって聞くけど、介護事務は実際にいくらくらいもらえるの?」と
不安に思ってしまう方も多いはずです。
そこで今回は、介護事務の方はどのくらいの報酬を受け取っているのか徹底調査してみました。
正社員で勤務している場合、毎月14〜20万円が平均的だといわれています。


また、派遣社員の場合は時給1000〜1500円、パートやアルバイトの場合は
時給800〜1000円と、比較的安定した水準をキープしているようです。
ただし、地方と大都市では多少差があるので注意してくださいね。
介護事務の給料は、基本的に介護保険でまかなられているため
この程度の給料になってしまうとか。この業界全体にいえることですが
大幅な賃金アップが難しく、「人件費が安すぎる」と批判されることが多いため
介護報酬の改定が急ピッチで進められています。


さまざまな変更点があるたびに、給料に反映されるチャンスがあるので、最新の情報をチェックしておくことは大切ですよ。
また、介護事務として独立開業することで、高収入を期待することもできます。
事業所側も、必要なときに介護事務を利用することで
コスト削減を図ろうと試みているようです。
レセプトの作成や申請業務を請け負うサービスを提供すれば、取引先が増えるかもしれませんね。
また介護職員初任者研修だけでなく介護事務も通信講座が取り揃えられいます。

福祉系のバイト

「福祉や介護のアルバイトやパートの方でも厚生年金に加入できるの?」
どのような雇用形態であっても、基本的に正社員の4分の3以上勤務している方は
厚生年金や健康保険などの社会保険に加入しなければなりません。
週に30時間以上勤務している方は、社会保険に加入することが義務付けられているのです。


「社会保険に入りたくない…」といった、本人の意思は許されていません。
しかし、会社によっては、社会保険に加入させないケースも増えてきています。


従業員1人が社会保険に加入することで、本人が支払う金額と
同額の社会保険料を会社が負担しなければならないからです。
厳しい経営状態にある中小企業に多いようなので
週に30時間以上働いているのに社会保険の加入の話が出なかった場合は
直接雇用主に問い合わせてみてくださいね。


また、夫の扶養に入っている方が保険料が安くすむ理由から
加入を拒否する働き手が増加しているのも事実です。夫が正社員で勤務している場合
年収130万円までは「第3号被保険者」とみなされるため
国民年金の保険料を支払う必要がなくなります。


厚生年金に加入すると、健康保険にも加入しなければならないため
今まで支払う必要のなかった保険料を支払わなければなりません。
将来のためにも、厚生年金に加入することは大切です。
まだ加入していない対象者の方は、一度会社に相談してみてはいかがですか。

医療事務の仕事は大変?

介護と並んで人気があるのが医療系の資格ですが
その中でも医療事務は人気です。
この医療事務のお仕事について少し触れておきたいと思います。
ライフスタイルに合わせて長くずっと働けることから
女性に人気の医療事務の仕事。でも「本当は仕事が大変すぎる…って本当?」と
心配する方が多いのも事実です。実際にはどうなのでしょうか。


医療事務として病院に勤務する人によると
「誰でも働けます」「毎日同じことをしていればよい」という環境では絶対にないといいます。
仕事と呼ばれた時点で、そんなに簡単に働けるものはないと考えた方がよいのです。
他の業界に比べて出入りが激しいので、どうしても挑戦しやすいように
思われがちですが、決してそのようなことはありません。
「パート感覚で好きなときに働ける」といったCMのイメージを持ったまま職につくと
現実とのギャップが大きすぎて長続きしませんよ。


どのような仕事にもいえることですが
毎日ただ出勤しているだけでは仕事はできるようになりません。
先輩に教わりながら、1つずつ確実に覚えていくものです。
もちろん医療事務に関しては
レセプトなどある程度の専門知識を身につけている必要があります。


就職や転職の際にあなたの大きな武器となるので
通信教育やスクールを利用して、資格を取得しておくことをおすすめします。
また、女性が多い職場ではいじめが発生しやすいといわれています。
特に医師や看護師など、上司からのいやがらせに耐えきれずに
辞めてしまうケースもあるので、できるだけ男性が多い環境を選んだ方がよいですよ。

看護師の資格等に必要な費用

看護師になる為には、必ず看護の大学か専門学校に
通わないといけませんので、費用がネックになる方も多いのではないでしょうか。


ただ、いくらかかるとは一言では言いにくく
例えば国公立の看護学校だと年間で50〜70万円程で済みますが
私立だと100〜200万円かかる所もあるので、その差はかなり開きがあります。


また大学ではなく専門学校とい選択肢もありますが
こちらも国公立だと年間50万円程度ですが
私立だと100万円程になってくるのでこちらも倍ほどの差があります。
どちらにしても親がその費用出せるのであれば、好きに選択すれば良いとは
思いますが、その費用が捻出できない場合は、専門学校の方が良い場合もあります。


専門学校は病院が経営している事も多く、卒業後何年かはその系列の病院で
働く事を約束すれば奨学金が受けやすくなり
仕事をしながらその費用を返す事が出来ます。
看護師は女性の職業としては年収は多い職業になりますので
返済するのもそれほど難しくはなく、また資格さえ取得できれば就職も
しやすいですからお金が捻出できない方は、こういった方法を取られてるもの
良いと思いますし、良心の負担も減らせる事が出来るでしょう。

介護ロボットのレンタル

介護ロボットが福祉用具として認められれば
その他の福祉用具と同じように主にレンタルによって要支援者や要介護者を助けることになると思います。
今はまだ介護保険の給付対象とはなっていないために実現はしていませんが
これが実現すれば購入するよりも遥かに低価格で利用できることになるのです。


よくテレビで見かける人の形をした介護ロボットは1台で数千万円するそうです。
とてつもない額ですよね。個人ではとてもじゃないですけど購入できないですし
介護・福祉施設であってもそれを導入できるところは限られてくるでしょう。
しかも1台だけでは施設の中でも活躍する場は限定されてしまいますから、
どうにかしてこの価格を下げる必要があります。


政府はこういった介護ロボットを開発している企業や
大学などにあらゆる形で補助をすることによってこの価格を数十万円
できれば10万円くらいにまで下げたいと考えているようです。
もしそれが実現されればレンタルによって要介護者が負担するのは
月に数百円から数千円にまで下がります。


こうなれば経済的負担は全くと言っていいほど感じられず
それで介護者や家族の負担が減ることを考えれば、かなりの勢いで普及していくことになるでしょう。
介護ロボットは手軽にレンタル、そんな時代がもうすぐそこまでやってきているのかもしれません。

ニチイの評判

就職や転職、スキルアップに最適な資格の取得は目指している方は
「ニチイ」を利用してみてはいかがですか。


「通学」「通信」「WEBカレッジ」の中から、あなたのライフプランに合せた講座を選択することができます。


数ある講座の中でも人気を集めているのが
医療事務や介護職員初任者研修、調剤薬局事務
介護事務、ケアマネジャー受験対策パーフェクトゼミなど
介護に関わるもの。これから高齢社会に突入する日本において需要が高まり
求人数も増えてくるので就職のチャンスもぐっと高まるはずですよ。


全国に400カ所あるニチイの教室では、毎年多くの優秀な人材を輩出しています。
47都道府県全てにあることもあり 教育講座修了生数は平成25年3月末の時点で300万人を突破しています。


なかでも自社で介護事業所を運営し、契約医療機関も数多くあるため
介護や医療に関しては強いといわれています。
現場の声を生かしたテキスト、カリキュラムは、実践的な内容を含んでいるので、効率的に学習することができますよ。
また、学習フォロー制度はもちろん、資格取得後のサポートも充実しています。
求人情報サイト「きゃりあネット」で、あなたにぴったりの就職先を見つけてみてはいかがですか。